病院坂の首縊りの家
病院坂の首縊りの家
製作東宝映画
配給東宝
公開日1979年5月26日
上映時間139分(カラー/スタンダード)

■スタッフ

製作/市川崑 馬場和夫 黒沢英男

原作/横溝正史(角川文庫版) 企画/角川春樹事務所

脚本/日高真也 九里子亭

撮影/長谷川清 美術/阿久根厳 録音/矢野口文雄 照明/佐藤幸次郎

編集/小川信夫 長田千鶴子 監督助手/橋本幸治 スチール/橋山直己 製作担当/徳増俊郎

撮影助手/岡田久広 美術助手/鈴木儀雄 録音助手/斉藤禎一 照明助手/村上修一 編集助手/船沢昌介 特殊機械/三輪野勇 記録/土屋テル子 衣裳/長島重夫 結髪/沼田和子 美粧/米山みき 装飾/田代昭男 演技事務/本田弘明 製作係/藤田 昭

整音/東宝録音センター 効果/東宝効果集団  現像/東洋現像所 衣裳協力/京都一ノ橋 帯の岩田

音楽/田辺信一 ジャズ演奏/江草啓介カルテット+伏見哲夫 音楽プロデューサー/大橋鉄矢 オリジナル・サウンドトラック盤/東宝レコード

監督/市川 崑

■キャスト

法眼弥生(法眼病院理事長)/佐久間良子

日夏黙太郎(本條写真館の助手)/草刈正雄

法眼由香利(弥生の娘)・山内小雪(冬子の娘)[二役]/桜田淳子

五十嵐千鶴(弥生の母)/入江たか子
等々力警部/加藤 武

雨宮じゅん(産婆の娘)/草笛光子
宮坂すみ(琢也の母)/白石加代子
田辺光枝(滋の母)/三条美紀

山内冬子(琢也の愛人)/萩尾みどり
吉沢平次(アングリーパイレーツのギタリスト)/ピーター
妙ちゃん(老推理作家の遠縁の娘)/中井貴恵

加納巡査/大滝秀治
阪東刑事/岡本信人
本條徳兵衛(本條写真館当主)/小沢栄太郎

本條直吉(徳兵衛の息子)/清水紘治
三之介(法眼家の車夫)/小林昭二
権堂(空きビルの管理人)/常田富士男
五十嵐猛蔵(千鶴の二番目の夫)/久富惟晴

石切鑑識課員/三谷 昇
五十嵐滋(猛蔵の孫) /河原裕昌(現・河原さぶ)
佐川 哲(アングリーパイレーツのドラマー)/林ゆたか
原田雅美(アングリーパイレーツ)/山本伸吾
秋山武彦(アングリーパイレーツ)/早田文次

山内敏男(小雪の義兄)/あおい輝彦

老推理作家/横溝正史(特別出演)
野呂十次(古本屋の主人)/三木のり平

金田一耕助(私立探偵)/石坂浩二

<<ノンクレジット>>
法眼琢也(弥生の夫)/菊地勇一
花園海軍大尉(弥生の許婚)/林一夫
老推理作家の妻/横溝孝子
野呂の妻/沼田カズ子
食堂の女給/宇野喜代子

■ストーリー

昭和26年。吉野市。金田一耕助(石坂浩二)は旧知の老推理作家(横溝正史)宅へ渡米の挨拶に訪れる。老推理作家の紹介でパスポート用の写真撮影のため本條写真館に赴いた金田一は、そこで主人の徳兵衛(小沢栄太郎)から何者かに命を狙われているので調査してほしいと依頼される。
その晩、写真館に謎の女(桜田淳子)が結婚写真の撮影依頼に来る。徳兵衛の息子の直吉(清水紘治)が撮影に案内された場所は首縊りの家と呼ばれる法眼病院跡だった。終戦の翌年にここで山内冬子(萩尾みどり)という女性が縊死したのがその名の由来だった。直吉はそこで依頼に来た女と瓜二つの花嫁と髯面の男(あおい輝彦)の写真を撮る。翌晩、再び例の女から写真を撮って欲しいと電話が入り、本條父子、弟子の黙太郎(草刈正雄)、金田一が法眼病院跡に行くと、天井から花婿になった男の生首が縊られていた…。
病院坂の首縊りの家 病院坂の首縊りの家 病院坂の首縊りの家







inserted by FC2 system