江戸川乱歩の美女シリーズ
五重塔の美女 江戸川乱歩の「幽鬼の塔」
五重塔の美女
制作テレビ朝日、松竹
放送テレビ朝日系列「土曜ワイド劇場」
放送日1981年1月10日(土) 21:02-22:51
監督井上梅次
脚本成澤昌茂、井上梅次
音楽鏑木 創

■キャスト

明智小五郎(私立探偵)/天知 茂

川井奈津子(東都大病院の看護婦)/片平なぎさ

文代(明智の助手)/五十嵐めぐみ

大沢かずえ(大沢の妻)/生田悦子

小林少年(明智の助手)/柏原 貴
進藤健三(ファッションデザイナー)/石浜 朗

青木昌作(小説家)/勝部演之
三田村啓介(画家)/森次晃嗣

鶴田正雄(タクシー運転手)/草薙幸二郎
榊(東都大病院の医師、奈津子の恋人)/南條 豊

農協職員/岡部正純(岡部征純)
富士北市の刑事/黒沢拓也(黒沢拓)
高校の校長/桜川梅八

レイコ(進藤の彼女)/宮井えりな

南彦次郎(奈津子の祖父)/今福将雄

高校の教務主任/小田草之助(小田草之介)
タクシー会社の男/沖 秀一
刑事/羽生昭彦
霊媒師/村上記代
鶴田の入院先の看護婦/本田みちこ

刑事/加藤真琴
お化け屋敷のアベック/林  亨
霊媒所の男/田木聖一
アベックの女/花野育子
南志津枝(彦次郎の娘)/山口ひろみ

/豊原 健
/佐藤秀美
/木村昌幸
/斉藤朝樹
/上村正仁
/竹内久和
/菊地順一

大沢祐司(東都大病院の医師)/入川保則

波越警部/荒井 注

■ストーリー

降霊術を見学に行った文代(五十嵐めぐみ)は、そこで死者の姿を見て逃げ出した男(草薙幸二郎)が落とした鞄から小指のミイラを発見する。文代が尾行すると、男は札束を燃やした挙句、首吊り死体になっていた。文代は現場近くで作家の青木(勝部演之)、ファッションデザイナーの進藤(石浜朗)、画家の三田村(森次晃嗣)、医師の大沢(入川保則)、更に看護婦の川井奈津子(片平なぎさ)の姿を目撃していた。
波越警部(荒井注)とともに現場に駆けつけた明智小五郎(天知茂)は、死んだ男の持っていた曰くあり気な五重塔の写真に注目する…
五重塔の美女 五重塔の美女 五重塔の美女

■美女ファイル No.14

片平なぎさ
片平なぎさ
川井奈津子役。1959年生まれ(当時21歳)。東京都出身。
1974年、日本テレビのオーディション番組「スター誕生!」に出演し合格。1975年にアイドル歌手としてデビュー。
1978年から女優に転向し1983年の大映ドラマ「スチュワーデス物語」ではいじめ役を演じて話題になる。90年代からは2時間サスペンスドラマで数々のシリーズを持ち「2時間ドラマの女王」と呼ばれる。

■管理人の感想

あの有名テーマ曲が初めてOPで使用された作品(曲自体は第6作のEDで初登場)。 実はこの作品は、DVDを観返すまで全く内容を忘れていました。割と地味な話なので、定番のお色気シーンなどもあまり目立たなかったせいでしょうか^^;
原作はメグレ警部で有名なジョルジュ・シムノンの小説を翻案化したもの。シムノンの小説は読んでいないので知りませんが、乱歩の小説とドラマとは全く違っています。小説の方には犯罪性はなく、風変わりな素人探偵が五重塔で首吊り自殺した男の身元から過去の異様な出来事の真相を探る…と言うストーリー。私、原作の話は好きなんですけどね。ただ明智も出てこなければ、はっきりした事件にもならない話じゃこのシリーズのドラマになりません。
五重塔の美女 五重塔の美女 従ってドラマは連続殺人事件を巡る推理物へと大幅に改変されています。しかも視聴者にすぐ犯人がわかってしまうこのシリーズの弱点がなくて、いつになくシリアスでミステリアスな雰囲気で展開します。 犯人探しミステリーとしての物語を面白くしているのは、いずれも胡散臭い登場人物、入川保則、勝部演之、森次晃嗣、そして生田悦子と言った面々の人物造形が上手く出来ているからでしょう。事件の背後に見え隠れする片平なぎさが犯人でないことはすぐわかりますが、鍵を握っていることは明白なので、その動向から目が離せないという点でも描写に無駄がありません。タイトルにもなっていて事件を象徴する五重塔のイメージがあまり効果を挙げていない点だけは難点ですが、降霊術を巡るオカルティックな事件が明智の明快な推理で解決し、最後も珍しくハッピーエンドで終わります。
反面、単なる普通のサスペンス物になっているので、美女シリーズならではの醍醐味が薄いともいえます。明智先生とヒロインとの間に特別な感情がなく単なる探偵と被疑者の関係でしかないし、犯行の動機は至ってありきたり。コメディリリーフの波越警部までボケをかますこと少なく、コワモテの警部振りに徹しています。
明智小五郎も今回、ストーリーがストーリーだけにいつもの怪しさがなく、理詰めな推理と正攻法な捜査でまともな探偵振りを発揮しています。途中、色仕掛けで近づいてきた生田悦子さんの髪を優しく撫でてやるなどいつになく女に無防備なところを見せ、おや?と思わせる場面もありますが、実はそれにもちゃ〜んとした捜査上の重大な意味があったことが後に判明し、ナルホドと唸らせます。尤も、最後の最後に来て急に活劇調になり、そしてお約束の「変装ベリベリ」も披露しますけどね。やっぱりこれだけはやらないと視聴者が納得しませんね^^;(天知先生と入れ替わる前に殆ど謎解きをされた今福将雄さんご苦労さまです)
今回のヒロインは片平なぎささん。正直言ってアイドル崩れの清純派なので私のアンテナには全然引っ掛からない女優さんなのですが、それは別にしても、前述のように恋人がいて明智先生との関わりが薄い役柄と言うこともあって、このシリーズの美女役としては印象が地味です。この作品が私の記憶に残らなかった理由も結局、それに尽きるかもしれません










inserted by FC2 system