江戸川乱歩の美女シリーズ
鏡地獄の美女 江戸川乱歩の「影男」
鏡地獄の美女
制作テレビ朝日、松竹
放送局テレビ朝日系列「土曜ワイド劇場」
放送日1981年4月4日(土) 21:02-22:51
監督井上梅次
脚本吉田 剛
音楽鏑木 創

■キャスト

明智小五郎(私立探偵)/天知 茂

速水美与子/金沢 碧

文代(明智の助手)/五十嵐めぐみ

紺野百合江(宝石バイヤー)/中島ゆたか

小林少年(明智の助手)/柏原 貴
毛利アキ子(毛利幾造の娘)/上原ゆかり

毛利駒代(毛利幾造の後妻)/市川靖子
速水荘吉(百宝堂の若主人、美与子の夫)/西田 健

毛利幾造の顧問弁護士/北町嘉郎(北町嘉朗)
陳(香港人キャディ)/岡部正純(岡部征純)
篠田(毛利幾造の秘書)/堀 光昭

鮎沢影一(ナイトクラブの支配人)/原田大二郎

刑事/城戸 卓
刑事/羽生昭彦
毛利家の家政婦/水木涼子

ゴルフ場の支配人/加島 潤
/志馬琢哉
/揚  和
/工藤和彦
 
波越警部/荒井 注

毛利幾造(宝石商、速水荘吉の叔父)/岡田英次

■ストーリー

宝石密輸事件の調査で香港に飛んだ明智小五郎(天知茂)は、黒幕と目されていた宝石商・速水(西田健)に接近。だが速水はゴルフ場で爆死し、明智も目を負傷する。
速水の死は密輸事件主犯の自爆死と結論付けられ、残された会社と屋敷は専務の毛利(岡田英次)が手に入れ未亡人の美代子(金沢碧)もお手伝いとして雇い入れる。やがて屋敷で宝石展示会が催され、バイヤーの鮎沢(原田大二郎)、百合江(中島ゆたか)たちが招かれる。そこへ顔中を包帯で隠した謎の男が現れる…。
鏡地獄の美女 鏡地獄の美女 鏡地獄の美女

■美女ファイル No.15

金沢碧
金沢 碧
速水美与子役。1953年生まれ(当時27歳)
シリーズ2度目の美女役。
プロフィールは「宝石の美女」を参照。

■管理人の感想

原作に基づかない完全テレビオリジナルの作品。 前にも「桜の国の美女」が「黄金仮面」の続編と言う形でオリジナル作品だったことはありましたが、今回のように原作が名前だけで、全く原形をとどめずにストーリーを改変しているのは初めて。本放送当時これを観た時は、いよいよ原作が尽きてシリーズ終了も間近いのかと思ったものです。
シリーズ初の海外(香港)ロケを敢行した本作は、のっけからいきなりゴルフ場で大爆発、引き続きタイトルバックでは鏡の間で踊る仮面の美女…と、ド派手で笑い死にしそうな荒唐無稽な展開。何か吹っ切れたかのようなこの演出が、やがて大作「天国と地獄の美女」へと繋がって行くわけですね。
お話の方も、前2作のヒロインが色気のない小娘で、物語も地味な普通のサスペンス調になっていたことを反省してか、本作では運命に翻弄される妖艶な美女・金沢碧に謎の包帯男(=影男)と言う乱歩チックなテイストを絡ませ、オリジナルストーリーながら"らしさ"を出そうとしてはいます。そういう点では評価できるのですが…しかし、所詮模倣は模倣に過ぎず脚本家の実力の程を暴露したものなのか、中身はイマイチな出来となっています。
まず、明智が宝石密輸などと言う、およそ明智らしくもない平凡な事件の調査に携わってところからしていただけません。勿論現実的には、明智とて文代さん(五十嵐めぐみ)や小林君(柏原貴)を食わせていかなければならない責任上、いつも事件の選り好みをしているわけではないでしょう。しかしドラマ上に持ち込まれると萎えます。やはりこのシリーズでスタンダードなのは、己れの「犯罪美学」を刺激された時にのみ出馬して来る明智の姿です。
次に、事件が速水爆死事件と影男事件の二つに分散している点で物語を非常にまとまりの悪いものにしています。勿論、影男事件は速水爆死事件から端を発しているのだから無関係ではありません。ただ、両方とも現在進行中の事件でありそれぞれ犯人が違います。爆死事件の黒幕が速水の叔父の毛利であることは途中で視聴者に明かされ、香港へ再調査に出かけた明智を消そうと策動しますが、その件と影男は無関係です。つまり中盤で目立つのは毛利ばかりなので影男の存在感が薄くなっています。
その肝心な「影男」ですが…単に包帯をぐるぐる巻きにしただけのミイラ男か透明人間のような安っぽい扮装は視聴者をナメてんのかと言う感じで、不気味さも迫力もさっぱり感じられません。
更にこのドラマ最大の問題点は、美女の描写にばかり偏重し過ぎているために、影男と明智の対決と言う要素が希薄なことです。影男と遭遇するのは専ら「美女」の美与子ばかりなので、明智と影男とが直接対峙する場面がありません。ついでに言うと、影男の"正体"の人物と明智との接点も少なくて、直接対話している場面は1回だけに過ぎません。最後の最後になって明かされる影男の正体と、その動機が何だか取って付けたような話なのにも拍子抜け。それまでの間に、その素性らしきものをそれとなく窺わせる挿話を入れ、明智が怪しいと睨んだ理由付けをして欲しかったところです。
一方、キャスティングの面で勿体無かったのは西田健の使い方。当時、刑事ドラマでインパクトの強いサイコパスな犯人役を数多く演じていた超個性派俳優の西田さんが殆ど全編顔を隠した役だなんて、宝の持ち腐れ。ここはやはり「奥さん…!」とエロ電話で金沢碧をネチネチ責めて欲しかった…ってそれは番組が違う(._+ )☆\(-.-メ) (←ちなみに「特捜最前線」のことね)
鏡地獄の美女また、中島ゆたかもただの添え物悪女役なのはやや残念。。クールでセクシーな彼女の個性をこのシリーズで生かす使い方はもっとほかにあったと思うのですが。 余談ですが、20年以上前に中島ゆたかさんが珍しくトーク番組にゲスト出演したのを観たことがあるのですが、素の彼女は終始ニコニコと笑顔を絶やさない、優しそうなお姉さんという感じの人でした。

今回の美女は、シリーズ2度目の金沢碧。前作、前々作とアイドル崩れの小娘が続いていたので私にとっては少し欲求不満気味でしたが本作では金沢碧、中島ゆたかと妖艶な美女が1度に2人も観られ、その面では満足^^; 金沢碧さんは前回「宝石の美女」と同じ未亡人役ながら、180度違った薄幸な美女を演じています。貞淑な未亡人でありながらエロ親父の岡田英次に身を任す官能シーンは魅力的。 どーでもいい話ですが、ヌードシーンに吹き替えを使う女優さんって「本当は私の方が吹き替えよりキレイな胸してるのに!」とか不満抱いたりするんでしょうか(だったら自分で脱げよと言う話になりますが^^;)
それはともかく、明智小五郎も前作で美女との関わりが淡白だったことでいささかか欲求不満がたまっていたのか、その鬱憤を晴らすかのように本作ではまだ眼の見えないうちからヒロインの姿を想像して(笑)入れ込んでいます。しかし、残念ながら今回はヒロインの方で明智が眼中になく(^^;)その代わり接近して来た中島ゆたかとの香港デートもつかの間、鳩料理を食べ損ねました(ってそういう問題か)。 二度の香港出張は二度とも爆破に遭うし、エロ写真売りのオッサンに付きまとわれたり、あまりいいところのなかった明智先生。唯一の見せ場はルービックキューブ(懐かしい)を鮮やかに揃えてみせた場面でしょうか。

シリーズ3度目の出演となる岡田英次さんは「また逢う日まで」とか「二十四時間の情事」とかホントに出てたのかと過去の経歴が怪しくなる様なエロ親父を熱演。土中に生き埋めれたりテーブルに磔されたり、ホンマようやって下さいます。
鏡地獄の美女 鏡地獄の美女 毛利の秘書・篠田役の堀光昭さんは天知さんの弟子で「赤いさそりの美女」に出演した堀之紀さんの実弟でもあります。第18作「化粧台の美女」にも出演しています。
ちなみに岡田英次さんはかつて東映の子供向け映画「少年探偵団」シリーズ(1956〜57年)で明智小五郎を演じ、堀さんも後に「怪人二十面相と少年探偵団」(83年)で明智役を演じているので、この作品では天知さんも含めて歴代3人の明智が共演したことになります。
毛利の娘アキコ役を演じている上原ゆかりさんは、5歳の時に出演したチョコレートのCMで「マーブルちゃん」として有名。元祖国民的子役の成人した姿が見られます。










inserted by FC2 system