犬神家の一族
犬神家の一族
製作角川春樹事務所
配給東宝
公開日1976年10月16日(日比谷映画劇場ロードショー公開)
1976年11月13日(全国封切)
上映時間145分(カラー/スタンダード)

■スタッフ

製作/角川春樹 市川喜一

原作/横溝正史(角川文庫版)

脚本/長田紀生 日高真也 市川 崑

撮影/長谷川清 美術/阿久根厳 録音/大橋鉄矢 照明/岡本健一

撮影助手/柿沼 勝 美術助手/小方一男 録音助手/新川昌夫 照明助手/宮川 清 編集助手/菅野善雄 特殊機械/三輪野勇 装飾/浜村幸一 装置/相沢政二

スチール/橋山直己 合成/三瓶一信 製作宣伝/大門正雄 演技事務/野津修平 製作係/高橋文雄 衣裳/長島重夫 結髪/沼田和子 美粧/米山みき

音楽/大野雄二(サントラ盤/ビクターレコード)

製作補/藤田光男 監督助手/加藤哲郎 白山一城 琴指導/山田節子 記録/土屋テル子 製作担当/中村賢一 編集/長田千鶴子

舞台/東宝美術株式会社 効果/東洋音響 録音/アオイ・スタジオ 現像/東洋現像所 衣裳協力/浅草仲満

監督/市川 崑

■キャスト

金田一耕助(私立探偵)/石坂浩二

野々宮珠世(野々宮大弐の孫)/島田陽子(松竹)

犬神佐清(松子の息子)・青沼静馬(菊乃の息子)[二役]/あおい輝彦

犬神松子(佐兵衛の長女)/高峰三枝子

犬神梅子(佐兵衛の三女)/草笛光子
犬神竹子(佐兵衛の次女)/三条美紀
犬神小夜子(竹子の娘)/川口 晶
はる(那須ホテルの女中)/坂口良子

犬神佐武(竹子の息子)/地井武男
犬神佐智(梅子の息子)/川口 恒
犬神幸吉(梅子の夫)/小林昭二
藤崎鑑識課員/三谷 昇
猿蔵(犬神家の下男)/寺田 稔

井上刑事/辻 萬長
主治医/守田比呂也
若林(古舘の助手)/西尾 啓
警察医/細井利雄
青沼菊乃(静馬の母、佐兵衛の愛人)/大関優子(現・佳那晃子)
お園(松子の母)/原 泉
野々宮晴世(野々宮大弐の妻)/仁科鳩美

大山神官/大滝秀治
犬神寅之助(竹子の夫)/金田龍之介
橘警察署長/加藤 武

那須ホテルの主人/横溝正史(特別出演)

久平(柏屋の亭主)/三木のり平
琴の師匠/岸田今日子

古舘恭三(犬神家の顧問弁護士)/小沢栄太郎
犬神佐兵衛(犬神財閥の創始者)/三国連太郎

<<ノンクレジット>>
写真の男/市川 崑
渡辺刑事/角川春樹
那須ホテルの主人の妻/横溝孝子
柏屋の女房/沼田カズ子
仮面師/岡本健一
犬神奉公会の人/北島和男
野々宮大弐/那須 清
松子の少女時代/勝山美香子
警察官/宮本 茂
佐兵衛の若い頃/阿部義男
駅員/橋山直己

■ストーリー

昭和22年2月。信州財界の巨頭・犬神佐兵衛(三国連太郎)が死去。その莫大な遺産の行方を記した遺言状は長女・松子(高峰三枝子)の一人息子・佐清(あおい輝彦)の復員を待って発表されることになっていた。その7か月後、私立探偵の金田一耕助(石坂浩二)は犬神家の顧問弁護士・古舘(小沢栄太郎)の助手・若林(西尾啓)の手紙で那須市を訪れる。だが金田一が会う直前に若林は何者かに毒殺される。遺言状を盗み読んだ若林はその内容に何か恐ろしい危惧を抱いていたらしい。
やがて松子が佐清を伴って帰宅し、いよいよ遺言状が発表されることになった。古館から改めて依頼を受けた金田一もその場に同席するが、現れた佐清は白いゴムマスクをかぶった異様な姿だった。更に古館が発表した遺言状は、遺産は佐清、次女竹子(三条美紀)の息子・佐武(地井武男)、三女梅子(草笛光子)の息子・佐智(川口恒)の何れかとの結婚を条件に全て野々宮珠世(島田陽子)に贈られるという驚くべき内容だった…。
犬神家の一族 犬神家の一族 犬神家の一族







inserted by FC2 system