悪魔の手毬唄
悪魔の手毬唄
製作東宝映画
配給東宝
公開日1977年4月2日
上映時間144分(カラースタンダード)

■スタッフ

製作/市川 崑 田中 収

原作/横溝正史(角川文庫版) 企画/角川春樹事務所

脚本/九里子亭

撮影/長谷川清 美術/村木 忍 録音/田中信行 照明/佐藤幸次郎 効果/東宝効果集団 整音/東宝録音センター

音楽/村井邦彦 編曲指揮/田辺信一 シンセサイザー演奏/深町 純 「鬼首村手毬唄」作曲/村井邦彦 編曲/田辺信一 作詞/横溝正史(オリジナル・サウンドトラック盤/東宝レコード)

監督助手/岡田文亮  編集/小川信夫 長田千鶴子 スチール/橋山直己 製作担当/村上久之  協力/マツダ映画社 現像/東洋現像所

監督/市川 崑

■キャスト

金田一耕助(私立探偵)/石坂浩二

青池リカ(亀の湯の女将)/岸 恵子

別所千恵(春江と恩田幾三の娘)/仁科明子

由良敦子(由良家先代の未亡人)/草笛光子
青池歌名雄(リカの息子) /北 公次
由良泰子(敦子の娘)/高橋洋子

井筒いと(井筒屋の女将)/山岡久乃
お幹(亀の湯の女中)/林美智子
別所春江(千恵の母)/渡辺美佐子

権堂医師/大滝秀治
多々良放庵(お庄屋)/中村伸郎
立花捜査主任/加藤 武

中村巡査(駐在)/岡本信人
青池里子(リカの娘)/永島暎子
仁礼文子(嘉平の娘)/永野裕紀子
司咲枝(嘉平の妹、文子の実母)/白石加代子

由良敏郎(由良家の当主)/頭師孝雄
野津刑事/辻 萬長
日下部是哉(千恵のマネージャー)/小林昭二
辰蔵(春江の兄)/常田富士男

五郎(村の青年)/大和田獏
仁礼流次(嘉平の次男)/潮 哲也
仁礼直太(嘉平の長男)/大羽吾朗
鑑識員/日笠潤一
仁礼路子(直太の妻)/富田恵子

中村巡査の妻 /木島 幸
由良栄子(敏郎の妻)/川口節子
/東 静子
/記平佳枝
青池源次郎/岸本 功
作業服の男/湯沢 勉
活弁の声/松田春翠

村役場の男/原田 力
村の若者/早田文治
/武田倫一
村の若者/清水のぼる
/伊東しづ子
/尾崎順子
村の娘/梶原 恵

野呂十兵衛(元楽士)/三木のり平
仁礼嘉平(仁礼家の当主)/辰巳柳太郎

磯川警部/若山富三郎

<<ノンクレジット>>
由良五百子(由良家の隠居)/原ひさ子
野呂十兵衛の女房/沼田カズ子
寄席のおばさん/宇野喜代子

■ストーリー

昭和27年。金田一耕助(石坂浩二)は旧知の磯川警部(若山富三郎)の招きで岡山県鬼首村の亀の湯に逗留していた。磯川を待つ間に金田一は旧庄屋筋の多々羅放庵(中村伸郎)と知り合い、手紙の代筆を頼まれる。放庵は生涯で8人の妻を持ったが、その5番目の妻だったおはんが復縁を望む手紙を寄越していたのだ。
磯川の用件は20年前に亀の湯の女主人リカ(岸恵子)の夫・源治郎が殺害された事件を再調査して欲しいと言うものだった。磯川の依頼で金田一が総社の町に井筒屋の女将いと(山岡久乃)を訪ねる途中、仙人峠で「おはん」と名乗る老婆とすれ違う。だがいとの話では、おはんは去年亡くなったと言う。金田一は鬼首村に引き返すが放庵の姿はなく、家には吐血の跡が残されていた。
その頃、村出身の別所千恵(仁科明子)が帰郷し亀の湯の歌名雄(北公次)、里子(永島暎子)、仁礼文子(永野裕紀子)、由良泰子(高橋洋子)ら幼馴染らが集まることになっていた。だが泰子は謎の老婆に呼び出されて姿を消し、翌朝滝壺で絞殺死体となって発見される…
悪魔の手毬唄 悪魔の手毬唄 悪魔の手毬唄







inserted by FC2 system