本陣殺人事件
本陣殺人事件
製作たかばやしよういちプロ=映像京都=ATG
配給ATG
公開日1975年9月27日
上映時間106分(カラーシネマスコープ)

■スタッフ

企画/葛井欣士郎

原作/横溝正史

製作/高林輝雄、西岡善信

撮影/森田富士郎

美術/西岡善信

照明/山下礼二郎

音楽/大林宣彦

音響効果/倉嶋暢

編集/谷口登司夫

録音/中沢光喜 整音/林土太郎

助監督/南岡梅雄 製作主任/静川和夫、徳田良雄

記録/松尾郁子 俳優事務/内海透 擬斗/美山晋八 スチル/大椙かつ爾

撮影助手/宮嶋正弘 照明助手/石原喜三 美術助手/加門良一 録音助手/新田基継

装置/渡辺善太郎、馬場正男 装飾/藤谷辰太郎 監督助手/高司暁

撮影助手/安藤宗孝、岸野正彦 編集助手/松井千枝子 照明助手/長谷川貞夫、土岡永二

西尾明、福島正、阪本栄一、間邪孝治、古本哲史、中島泰之、辰巳喜幸

製作協力/大映京都撮影所 美術室とーえい ワタナベ衣裳店 飛行館スタジオ

音楽制作協力/多忠克(ジャッキー音楽出版KK) 林昌平(アバコスタジオ) チェロ/上村昇 箏曲指導/山本房子

現像/東洋現像所 衣裳/京都衣裳 小道具/高津商会

脚本・監督/高林陽一

■キャスト

一柳賢蔵(一柳家の当主)/田村高廣

一柳鈴子(賢蔵の妹)/ 高沢順子(松竹)
久保克子(賢蔵の新婦)/水原ゆう紀(新人・東芝EMI)

磯川警部/東野孝彦(東野英心)
一柳三郎(賢蔵の弟)/新田 章

三本指の男/常田富士男

一柳糸子(賢蔵の母)/東 竜子
煙草屋の女/三戸部スエ
久保銀造(克子の叔父)/加賀邦男
田谷照三(克子の元恋人)/石山雄大

伊兵衛(賢蔵の叔父)/海老江寛
村長/原聖四郎
一柳良介(賢蔵の従兄弟)/伴勇太郎
刑事/中林 章

源七(一柳家の使用人)/沖 時男
刑事/花岡秀樹
お直/小林加奈江
一柳秋子(良介の妻)/山本織江
静(一柳家の女中)/服部絹子

白木静子(克子の元同僚)/村松英子(特別出演)

金田一耕助(私立探偵)/中尾 彬

■ストーリー

4月も末と言うのに季節外れの雪の降った日、岡山県の旧本陣の末裔・一柳家で長男の賢蔵(田村高廣)と久保銀造(加賀邦男)の姪・克子(水原ゆう紀)の婚礼が行われた。だがその晩の明け方近く、夫婦の寝室である離れから琴の音と女の叫び声が聞こえ、銀造たちが駆けつけると賢蔵と克子が血まみれで斃れていた。周囲の雪の上に足跡はなく、現場は密室と化していた。庭には日本刀が突き刺さり、枕元の屏風には琴の爪で引っ掻いた血の跡が残されていた。
県警から派遣された磯川警部(東野孝彦、後の東野英心)らの捜査で、婚礼の前日に一柳家を尋ねて来た三本指の男(常田富士男)が賢蔵への手紙を託したこと、それを見た賢蔵の顔色が変わったことが判明する。手紙の内容は昔の怨恨による復讐を示唆しており、差出人は「生涯の仇敵」となっていた。磯川警部は犯行を三本指の男の仕業と断定する。一方、銀造は旧知の探偵の金田一耕助(中尾彬)に調査を依頼する…。
本陣殺人事件 本陣殺人事件
本陣殺人事件 本陣殺人事件







inserted by FC2 system