悪魔が来りて笛を吹く
悪魔が来りて笛を吹く
製作東映
配給東映
公開日1979年1月20日
上映時間136分(カラービスタサイズ)

■スタッフ

製作/角川春樹

企画/角川春樹事務所 原作/横溝正史(角川文庫版)

プロデューサー/橋本新一 脚本/野上龍雄

撮影/伊佐山巌 録音/宮田重利 衣裳デザイン/宮内 裕 美術/横尾嘉良 サウンドドバイザー/紅谷愃一 照明/梅谷 茂

編集/田中 修 助監督/新井 清 記録/勝原繁子 進行主任/小島吉弘 スチール/加藤光男 宣伝担当/福永邦昭 山本八洲男

装置/安沢重治 装飾/酒井喬二 音響効果/岩藤竜二 協力/東映俳優センター 現像/東映化学 演技事務/石原啓二 刺青/霞 涼二 衣裳/河合啓二 美粧/入江荘二 美容/宮島孝子

音楽/山本邦山 音楽補/今井 裕 音楽プロデューサー/四方義朗

テーマ曲/黄金のフルート フルート演奏/植村泰一 主題歌/旅ゆく者よ 作詞/山上路夫 作曲/山本邦山 編曲/今井 裕 唄/榎本るみ オリジナルサントラ盤/コロムビアレコード(フルート提供/村松フルート)

協力/山久インテリアパレス家具パレス

監督/斎藤光正

■キャスト

金田一耕助(私立探偵)/西田敏行

椿 秋子(英輔の妻)/鰐淵晴子
三島東太郎(椿家の書生)/宮内 淳
椿美禰子(秋子の娘)/斉藤とも子

三島 種(東太郎の妹)/二木てるみ
新宮華子(俊彦の妻)/村松英子
菊江(公丸の妾)/池波志乃
妙子/北林早苗

椿 英輔(元子爵)/仲谷 昇
山下刑事/藤巻 潤
目賀重亮(秋子の主治医)/山本麟一
新宮利彦(秋子の兄)/石濱 朗

お玉(植辰の元妾)/京 唄子
うめ/村田知栄子
天銀堂店長/中田博久
信乃(秋子の乳母)/原千佐子
沢村刑事/三谷 昇

田村刑事/熟田一久
刑事B/清水照夫
刑事A/亀山達也
/山田光一
出川刑事/住吉道博
天銀堂店員A/木村 修
天銀堂店員B/幸 英二
鑑識係/佐川二郎

天銀堂女店員/関谷ますみ
/谷本小代子
/牛崎照美
/小田登枝恵
村人/山浦 栄
/村添豊徳
橘警察署長/大島博樹
/高月 忠
闇屋B/勝野賢三

作造/中村雅俊
電報局々員/秋野太作
雑炊屋の親爺/横溝正史
植松(闇屋)/角川春樹

千代/中村玉緒(特別出演)
風間敏江(俊六の妻)/浜木綿子(特別出演)

玉虫公丸(元伯爵)/小沢栄太郎
信州の杣人/金子信雄
慈道/加藤 嘉

風間俊六(耕助のパトロン)/梅宮辰夫

等々力警部/夏木 勲(夏八木勲)

<<ノンクレジット>>
闇屋/穂積隆信

■ストーリー

昭和22年。銀座の宝石店「天銀堂」で店員数名が毒殺され宝石が盗まれる凶悪な殺人事件が起きた。犯人と容貌が酷似していた椿英輔元子爵(仲谷昇)が容疑者の一人として取り調べを受けるが、その直後に失踪し2カ月後に死体となって発見された。だが、英輔の妻・秋子(鰐淵晴子)と乳母の信乃(原千佐子)が、自殺したはずの英輔らしき人物を目撃。脅えた秋子のために主治医の目賀博士(山本麟一)が英輔の生存を占う「砂占い」の儀式を行うことになり、娘の美禰子(斉藤とも子)の依頼で探偵の金田一耕助(西田敏行)も立会った。
出席者は美禰子、秋子、秋子の兄の新宮利彦(石濱朗)と妻の華子(村松英子)、伯父の玉虫元伯爵(加藤嘉)、その妾菊江(池波志乃)、書生の三島東太郎(宮内淳)お種(二木てるみ)兄妹だった。占いでは火炎太鼓に似た紋様が砂上に現れ、その直後にフルートの音色が邸内に響き渡る。フルートの音色は停電が終わると自動的にレコードが掛かるように何者かが細工しておいたものだったが、秋子がすっかり怯えてしまったためそのままお開きとなる。
翌朝、風間俊六(梅宮辰夫)宅に居候している金田一は警視庁の等々力警部(夏木勲)からの電話で、椿家で玉虫元伯爵が殺害されたと連絡を受ける…。
悪魔が来りて笛を吹く 悪魔が来りて笛を吹く 悪魔が来りて笛を吹く 悪魔が来りて笛を吹く

八つ墓村(松竹版)Home金田一耕助シリーズTop金田一耕助の冒険






inserted by FC2 system