長崎犯科帳
長崎犯科帳
制作/ユニオン映画  放送局/日本テレビ系
放送期間/1975年4月6日〜9月28日(全26回)毎週日曜日21:00 - 21:55

江戸末期の長崎は、オランダ貿易に開かれた、ただひとつの港であり、巨大な利権と、暴力の渦巻く暗黒の街であった。この利権を操るものは、ひと握りの豪商たちであり、貧しい町民たちは彼らの搾取に泣き、その暴力に怯えるしかなかった。ここに、白日の法の下で裁くことのかなわぬものは、闇の法の下に斬ると思い定めた闇の裁き人たちが登場する。人、これを呼んで、闇奉行という(OPナレーション)

「長崎犯科帳」は1975年に放送されたTV時代劇。当時萬屋錦之介主演で放送されていた「子連れ狼シリーズ」(1973〜76年)の第2部と第3部の合間に制作され放送されました。 ジャンル的には「裏稼業もの」と言われる「必殺シリーズ」の亜流作品ですが、時代劇の大スター萬屋錦之介の主演及び長崎と言う異色の舞台を得て、独自の世界を構築しています。



★スタッフ★
企画/梅谷 茂(日本テレビ)
プロデューサー/加藤教夫(日本テレビ)、中岡潔治(中村プロ)、中島正幸(ユニオン映画)
音楽(選曲)/矢野 誠(鈴木清司)  主題歌/「坂道」日暮し
タイトルバック演出/実相寺昭雄  協力/中村プロダクション


レギュラーキャスト「長崎犯科帳」の主な登場人物の紹介。


サブタイトル 放送日 監督 脚本
1すごい男がやって来た1975/04/06渡邊祐介池田一朗
2トンネル抜ければ地獄だぜ1975/04/13大洲 齋下飯坂菊馬、藤川洋一
3彼奴は医者か殺し屋か1975/04/20大洲 齋下飯坂菊馬
4闇の中の闇奉行1975/04/27松島 稔小川 英、胡桃 哲
5殺しの番号 二、三、一1975/05/04松島 稔池田一朗
6虎の罠を噛み破れ1975/05/11森崎 東池田一朗
7闇奉行はよか男1975/05/18小沢啓一池田一朗
8日見峠に散った花1975/05/25大洲 齋池田一朗
9赤い炎は闇で消せ1975/06/01田中徳三長曽我部清親
10ウンスンカルタは地獄札1975/06/08田中徳三小川 英、胡桃 哲
11真夜中の逃亡者1975/06/15丸山誠治猪又憲吾
12刃には刃 眼には眼を1975/06/22内出好吉直居欽哉
13闇に消えた用心棒1975/06/29内出好吉池田一朗
14旅路の果てのふたり1975/07/06長谷和夫下飯坂菊馬、長曽我部清親
15花嫁替玉大作戦1975/07/13戸田康貴鴨井達比古
16帰ってきた男1975/07/20田中徳三宮川一郎
17復讐にかけた姉妹1975/07/27大洲 齋中村 努
18忠四郎危機一髪1975/08/03松島 稔池田一朗
19呪いの連発銃1975/08/10大洲 齋池田一朗
20怪談唐人屋敷1975/08/17大洲 齋直居欽哉
21辻斬り犯人を追え1975/08/24丸山誠治鴨井達比古
22子の刻心中1975/08/31戸田康貴播磨幸治
23風の噂の孫七郎1975/09/07森崎 東猪又憲吾
24悪い奴らをあぶりだせ1975/09/14森崎 東池田一朗
25欲ボケ野郎は海へ沈めろ1975/09/21渡邊祐介下飯坂菊馬
26さよなら長崎 また来るぜ1975/09/28渡邊祐介池田一朗
Home ドラマtop






inserted by FC2 system