大映年表



大映の出来事映画界の出来事
1941年
(昭和16年)
8月、映画企業を2社に統合する政府案提示される
9月、永田雅一の折衝で3社統合案成立
1942年
(昭和17年)
1月10日、新興キネマ、大都映画、日活製作部門が合併し大日本映画製作株式会社(大映)が発足(登記上は1月27日)社長空席、専務に永田雅一、河合竜斎を選任
5月、阪東妻三郎・片岡千恵蔵・嵐寛寿郎・市川右太衛門の時代劇四大スターを擁する第1回作品「維新の曲」を公開
10月、会社設立を巡る贈賄容疑で永田専務が逮捕(嫌疑不十分で釈放)
4月、映画配給一元化実施
1943年
(昭和18年)
3月、初代社長に作家の菊池寛が就任。組織改革により東西の撮影所を各一箇所に統合
10月、「無法松の一生」公開
3月、「姿三四郎」(東宝映画)公開
12月、東宝映画と東京宝塚劇場が合併し東宝株式会社創立
1944年
(昭和19年)
戦争激化により劇場閉鎖と配給停止が相次ぐ
1945年
(昭和20年)
9月、社名を「大日本映画製作株式会社」から「大映株式会社」に改称
新人俳優養成のため第1回ニューフェイスを実施
12月、大映従業員組合結成
9月、GHQ指令により剣戟時代劇が禁止される
1946年
(昭和21年)
7月、永田雅一専務が副社長に昇格
三条美紀がデビュー
2月、アメリカ映画輸入再開
3月、第一次東宝争議
10月、第二次東宝争議
1947年
(昭和22年)
1月、東横映画と配給提携し京都分撮影所(現東映京都撮影所)を貸与
3月、菊池寛社長が退任し副社長の永田雅一が社長に昇格
4月、船越英二がデビュー
10月、河合竜斎専務ら重役6名が公職追放
12月、川口松太郎が製作担当取締役に就任
3月、新東宝発足
3月、日映連発足
10月、公職追放者31名指定される
1948年
(昭和23年)
1月、永田雅一社長が公職追放され真鍋八千代が社長に就任
3月6日、初代社長菊池寛死去
「山猫令嬢」(三益愛子主演)のヒットで 「母もの」をシリーズ化
5月、永田が追放解除され社長に復帰
12月、プロ野球団「大映スターズ」発足
4月、第三次東宝争議
1949年
(昭和24年)
1月、本社を京橋新社屋に移転
2月、「最後の笑う者」で京マチ子がデビュー
4月、阪東妻三郎が退社。嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、市川右太衛門も相次いで退社
8月、永田社長がアメリカ映画界視察のため渡米
6月、映倫発足
7月、「青い山脈」(東宝)公開
1950年
(昭和25年)
3月、長谷川一夫の新演伎座と専属契約を締結
4月、黒澤明らの映画芸術協会と製作契約を締結
7月、 社内に洋画部を設置。ディズニー長編アニメ「白雪姫」配給
8月、「羅生門」(黒澤明監督)公開
12月、元宝塚の乙羽信子がデビュー
3月、「また逢う日まで」(東宝)公開。近代映画協会発足
4月、外国映画輸入統制撤廃
1951年
(昭和26年)
1月、菅原謙二がデビュー
4月、「銭形平次」(長谷川一夫主演)公開
6月、永田所有の競走馬トキノミノルがダービーを制するも17日後に急死
9月、「羅生門」が第12回ヴェネツィア国際映画祭グランプリを獲得
11月、大映創立10周年記念祝賀式典を開催
3月、国産初のカラー映画「カルメン故郷に帰る」(松竹)公開
4月、東映発足
1952年
(昭和27年)
若尾文子、南田洋子がデビュー。乙羽信子が退社
2月、アメリカから映画監督ポール・H・スローンを招聘し日米合作「いついつまでも」製作
9月、人気子役マーガレット・オブラエンと美空ひばりの共演作「二人の瞳」を製作
9月、映画界にレッドパージ適用
1953年
(昭和28年)
2月、「十代の性典」公開
3月、大毎オリオンズ発足
4月、「花の講道館」で第1回ミス日本の山本富士子がデビュー
9月、「雨月物語」(溝口健二監督)が第14回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を獲得
10月、大映初のカラー映画「地獄門」(衣笠貞之助監督)を公開
2月、NHKテレビ放送開始
9月、日活の製作再開に対抗して「五社協定」を締結
11月、「東京物語」(松竹)公開
1954年
(昭和29年)
4月、「地獄門」が第7回カンヌ国際映画祭でグラン・プリに輝く
8月、興行部門として「大映興行株式会社」設立
市川雷蔵、勝新太郎が「花の白虎隊」でデビュー
9月、「山椒大夫」(溝口健二監督)が第15回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を獲得
1月、東映が二本立て興行実施
4月、「七人の侍」(東宝)公開
9月、「二十四の瞳」(松竹)公開
11月、「ゴジラ」(東宝)公開
1955年
(昭和30年)
3月、大映所有の東映京都撮影所を東映へ売却
5月、香港との合作「楊貴妃」公開。
7月、「幻の馬」公開
9月、「新・平家物語」(溝口健二監督)公開
南田洋子が日活へ移籍
8月、山本プロ発足
12月、大蔵貢、新東宝社長に就任
1956年
(昭和31年)
二本立て興行時代へ突入
3月、「赤線地帯」(溝口健二監督)公開
4月、川口浩がデビュー
6月、市川崑監督の移籍後第1作「処刑の部屋」公開
8月24日、溝口健二監督が死去
5月、「太陽の季節」(日活)公開
1957年
(昭和32年)
叶順子、柴田吾郎(田宮二郎)がデビュー
4月、曽我正史専務ら14名が日映株式会社を設立し退社
6月、大映ビスタビジョン第1作「地獄花」公開
7月、増村保造監督の第1作「くちづけ」公開
11月、大映スコープ第1作「雪の渡り鳥」公開
4月、日本初のスコープ映画「鳳城の花嫁」(東映)公開。「明治天皇と日露戦争」(新東宝)公開
8月、日活が加わり「六社協定」締結
1958年
(昭和33年)
4月、オールスター映画「忠臣蔵」公開
8月、「炎上」公開
10月、「日蓮と蒙古大襲来」公開。テレビ製作室(現・大映テレビ)を設置
映画総人口11億人台を突破
1959年
(昭和34年)
年間配給収入が前年までの業界2位から4位に転落
4月、「講道館に陽は上る」で本郷功次郎がデビュー
6月第一週から一本立て大作主義を断行。日仏合作映画「二十四時間の情事」を洋画系で公開
映画総人口が減少へ転じる
1月、黒澤プロ発足。「人間の条件」(松竹)公開
1960年
(昭和35年)
一本立て大作主義が頓挫し週二本立て興行に回帰
3月、作家の三島由紀夫が「からっ風野郎」に主演
9月、デビュー以来燻っていた勝新太郎が「不知火検校」に主演し新境地を開く
永田の息子秀雅が専務に昇格
2月、第二東映発足
10月、大島渚監督の「日本の夜と霧」(松竹)上映4日で打ち切り
1961年
(昭和36年)
倒産した新東宝から宇津井健らが入社。菅原謙二が退社
9月、「悪名」で勝新太郎、田宮二郎が頭角を現し、雷蔵&勝新の「カツライス」時代が幕開け
11月、日本初の70ミリ超大作「釈迦」を公開
2月、赤木圭一郎が事故死
4月、「用心棒」(黒澤プロ・東宝)公開
8月、新東宝倒産
9月、大島渚が表現社設立
1962年
(昭和37年)
4月、「座頭市物語」(勝新太郎主演)公開
5月、大毎オリオンズの本拠地「東京球場」完成
7月、「黒の試走車」(田宮二郎主演)公開
11月、70ミリ第2作「秦・始皇帝」公開
12月、「忍びの者」(市川雷蔵主演)公開
川口浩が退社
4月、ATG発足
7月、三船プロ発足
9月、「切腹」(松竹)公開
12月、石原プロ発足
1963年
(昭和38年)
1月、山本富士子がフリーを宣言し五社協定違反で追放される
3月、「秦・始皇帝」の不振や設備投資の債務累積で無配に転落
4月、大映労組がスト
5月、長谷川一夫が「江戸無情」を最後に映画界を引退
7月、若手ホープの叶順子が「風速七十五米」を最後に引退
11月、「眠狂四郎殺法帖」(市川雷蔵主演)公開
12月、小津安二郎没
1964年
(昭和39年)
3月、米ユナイテッド・アーティスツ社と共同製作した特撮アクション映画「あしやからの飛行」を洋画系で公開
5月、「宿無し犬」(田宮二郎主演)公開
2月、「砂の女」(勅使河原プロ)公開
8月、佐田啓二が事故死
9月、東映が東急グループより離脱
1965年
(昭和40年)
安田道代が入社
3月、「兵隊やくざ」(勝新太郎主演)公開
4月、TV「ザ・ガードマン」放送開始
5月、労使紛争がこじれ東京撮影所に機動隊出動
8月、人員整理を行い希望退職者を募る
11月、特撮怪獣映画第1作「大怪獣ガメラ」公開
3月、「東京オリンピック」公開
4月、「赤ひげ」(黒澤プロ・東宝)「網走番外地」(東映)公開
8月、松竹京都撮影所閉鎖
1966年
(昭和41年)
3月、永田秀雅が副社長に昇格
4月、特撮時代劇「大魔神」公開
6月、「陸軍中野学校」(市川雷蔵主演)公開
11月、「女の賭場」(江波杏子主演)公開
12月、政府融資映画第一号としてソ連と合作した「小さい逃亡者」公開
2月、黒澤プロが東宝から完全独立
4月、黒澤プロと米フォックス社提携し「トラトラトラ」製作を発表
1967年
(昭和42年)
根上淳が退社
3月、大映レコード設立
9月、巨額負債が表面化し三浦信夫ら重役8人が退陣。丸井太郎が自殺
10月、勝新太郎が「勝プロダクション」を設立し社内独立
1月、経営不振で日活の江守常務ら6重役退陣
12月、黒澤明監督が「トラトラトラ」を降板
1968年
(昭和43年)
横浜、五反田の直営館などを売却
峰岸隆之介(峰岸徹)が入社
6月、市川雷蔵が直腸癌で入院
7月、「不信のとき」出演序列問題で田宮二郎を解雇
2月、「黒部の太陽」(三船プロ・石原プロ)公開
4月、日活が鈴木清順監督を解雇
9月、「緋牡丹博徒」(東映)公開
1969年
(昭和44年)
2月、市川雷蔵が再入院。穴埋めに東映の松方弘樹を借り受ける
7月17日、大黒柱の市川雷蔵が死去
8月、「いそぎんちゃく」(渥美マリ主演)公開
映画総人口3億人台を割る
8月、「男はつらいよ」(松竹)公開
12月、松竹会長大谷竹次郎没
1970年
(昭和45年)
池袋、梅田の直営館などを売却
3月、日活と提携しダイニチ映配の設立を発表
6月、ダイニチ映配スタート
8月、「高校生ブルース」で関根恵子が主演デビュー
1月、日活が本社ビルを売却。円谷英二没
8月、「戦争と人間」(日活)公開
1971年
(昭和46年)
1月、オリオンズを売却し球団経営から撤退
3月、京橋本社ビルを売却し八重洲口の共同ビルに移転。全従業員の4分の1を解雇
9月、ダイニチ映配を解消
10月、大映テレビが分社独立
11月20日、最後の配給作「悪名尼」「蜘蛛の湯女」公開
11月29日、業務全面停止と全従業員解雇を発表
12月21日、不渡りを出して倒産(23日、破産宣告)
1月、東宝が製作部門を分離
8月、東映社長大川博没
11月、日活がロマンポルノ製作を開始
12月、黒澤明監督が自殺未遂
主要参考文献:田中純一郎著『日本映画発達史』(中公文庫、1976年刊)
Home 大映映画Top






inserted by FC2 system